スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

 

Posted by みやchan運営事務局 at

☆ 鍉鍼について考察する ☆ 

2010年01月16日


 
鍉鍼について考察する。

最近、鍉鍼での施術が増えてきました。
家庭内のストレスから肩凝り腰痛の改善で、ご来院いただいた方、何度か施術をしていますので、いつもどうり本治法に銀鍼を穴所に接触した瞬間、全身がガタガタと震えだしました。
そこで、刺さない鍼「鍉鍼」で施術を行い身体も気分も落ち着きました。
気の病や肺経の弁証が立った時は、勤めて「鍉鍼」での手技が有効なようです。
また、お客様にも、頭痛、肩凝りなどは、自己治療として、
「人指し指」での指圧(鍉鍼の応用)を提案しています。・・・手当てですね。

将来は、刺さない鍼の時代も来るようですので、
鍉鍼についての実践と考察の必要性を感じています。

この辺のところから、古典における鍉鍼について述べてみます。

(黄帝内経霊枢訳注 著者:家本誠一先生を参考に)

霊枢 九鍼論 第七十八 

第1章 第3節 (鍉鍼の長さと鍼の特徴)

原文:  
      
三曰鍉鍼       
取法於黍粟之鋭    
長三寸半       
主按脉取氣、令邪出

 くんどく訓読:
三にいわく曰 ていしん鍉鍼は、
法 を於 ショゾク黍粟(きびあわ)の之のぎ鋭に取る(鍉鍼の鍼先は黍粟の粒のように丸くなっている)
長さは三寸半(漢代の1寸は2.3センチメートル糎よって、2.3×3.5=8.05cm)
みゃく脉をあん按じてせいき氣を とりもどし取(呼び)じゃき邪を出令(追い出す)ことをつかさ主る


第1章 第2節 (鍉鍼の長さと鍼の特徴)

原文: 

三者人也.
人之所以成生者血脉也.
故爲之治鍼.
必大其身而員其末.
令可以按脉勿陷.
以致其氣.
令邪氣獨出.

訓訳文:

三者人也.     (第3の鍼(鍉鍼)は人を基準とする)
人之所以成生者血脉也(人が生育するために必要な器官は血液、血管である)
故爲之治鍼.    (ゆえにこれを治す鍼(鍉鍼)は)
必大其身而員其末. (鍼柄を太くして鍼先を円形にする)
令可以按脉勿陷.  (これで血脉を按じる。この際、脉を陥没させたり傷つけてはならない)
以致其氣.     (そして、精気を賦活し気血の流れを整えるのである)
令邪氣獨出.    (また、邪気だけを体内より排除させること)


ゆっくり堂 鍼灸院
http://you-sinkyu.ddo.jp/
薬種商・鍼灸師: 山口一誠


 

☆ 読書中 ☆

2010年01月06日



☆ 読書中 ☆


黄帝内経 訳注本『素問』『霊枢』各第1巻~第3巻を読んでいます。

著者は家本誠一医師です。

この本は、医師の立場から、西洋医学からの解説もありますので、

どなたにも解り易く2千200年前の医学と鍼灸の技術を学べる本です。


日本経済新聞に家本誠一先生の黄帝内経 訳注本の記事を見て、

この本を買う気になったのは、

藤堂明保先生と井上恵理先生のお話が有ったからです。

井上恵理先生は東洋はり医学会の鍼灸師集団を指導した先生です。
その教えは、現代経絡鍼灸師にとって宝物であり、日々の施術の導きの手本です。

藤堂明保(とうどう あきやす)先生は漢字源の辞典を著されています。
正しい古典の読み方を教えています。
「中国の歴史と故事」を思い出しました。 


今年のやまちゃんの運勢は、

過去の功績が実るか否かの一年。
事実をありのままに何事も仁義を求めて着実に前進すること。

管鍼の祖 総検校 杉山和一霊神 「敬神暦」より。

らしいので、

先ずは古典のお勉強中です・・・・