病気を治す最初のお薬は、

2010年12月29日

最近、チベット医学の本を少し読む機会がありましたので今回はその中からいくつかお話をします。



 病気を治す最初のお薬は、

  「白湯」(さ ゆ) :ぬるま湯のことです。

チベット医学では、そのように考えたようです。

消化不良を白湯で治療する方法からと言われています。

チベットの諺に「病気の最初は消化不良、薬の最初は白湯」とあります。

これは、今でも良い方法です。

中国漢方の古典でも病は中(胃)より起こるとあります。

もちろん、ゆっくり堂の漢方薬を
白湯で服用するほうがより効き目はあります。・・・・

ゆっくり堂 漢方相談店 

Posted by やまちゃん at 11:58 | Comments(0) | チベット医学