五四難、病気が治る方向? 

2013年12月17日

五四難、病気が治る方向? 


ゆっくり堂の

『難経ポイント』  第五四難   


※ 病気が治る方向に向かうか否かの参考図




今回から山口一誠の考察文にて構成しました。

参考文献は井上恵理先生・本間祥白先生・福島弘道先生の「難経本」です。

  
※ 五四難のポイント其の一は、五四難の法則について。

 五四難の法則:

臓病は治るのが難(むつか)しい。

腑病は治り易(やす)い。


※ 五四難のポイント其の二は、

病の証が相剋に伝わるものは治り難(がた)い。


※ 五四難のポイント其の三は、

病の証が相生に伝わるものは治り治り易(やす)い。


(難経原文)

五十四難曰.
藏病難治.府病易治.何謂也.
然.
藏病所以難治者.傳其所勝也.
府病易治者.傳其子也.
與七傳間藏同法也.

--------------------------

 五四難の解釈

(井上恵理先生の解釈:経絡鍼療(461号)と本間祥白先生の解釈、福島弘道先生の解釈を参考にして、
 山口一誠の考察文にて構成しました。)

 五十四の難の解説をします。

 臓病は治るのが難(むつか)しいが、腑病は治り易(やす)いとはどう言う意味かと。
 お答えします。
 臓病を治し難い理由は、病証の変化が相剋に伝わるからです。
 腑病は治り易(やす)い理由は、病証の変化が相生に伝わるからです。
 この五四難は前難(五三難)の七伝間藏の理論法則と同じである。

--------------------------

今日もなんとか一難できたかな・・・?

詳しくは、こちらより入って下さい。。

そして、表の「五四難」をクリックして本文をご覧下さい。

http://you-sinkyu.ddo.jp/ank00.html










2013.12.17.(今日は火曜日だ・・・)
---------------------------






---------------------------




---------------------------







 

Posted by やまちゃん at 13:57 | Comments(0) | 難経 ブログ勉強会 

五二難、移動する病気?

2013年12月15日

五二難、移動する病気?

ゆっくり堂の『難経ポイント』  第五二難   ank052




今回から山口一誠の考察文にて構成しました。

参考文献は井上恵理先生・本間祥白先生・福島弘道先生の「難経本」です。


  
※ 五二難のポイント其の一は、

   痛みが、一箇所に止まり慢性化しているのが臓病です。

   痛みが、常に移動するのが腑病です。。


(難経原文)

五十二難曰.
府藏發病.根本等不.
然.
不等也.
其不等奈何.
然.
藏病者.止而不移.其病不離其處.
府病者.彷彿賁嚮.上下行流.居處無常.
故以此知藏府根本不同也.
--------------------------
 
 五二難の解釈

(井上恵理先生の解釈:経絡鍼療(461号)と本間祥白先生の解釈、福島弘道先生の解釈を参考にして、
 山口一誠の考察文にて構成しました。)

 五十二難の解説をします。

 臓病と腑病の発病の根本(状態)は同じものか、違うのかを問います。

 お答えします。

 同じではありません。

 その状態はどの様に違うのか。

 お答えします。

 臓病は一ヶ所に止まって、他の部位には移動しません。

 その病所もそこを離れません。

 腑病は、あてもなく彼方此方にさまよい歩き、お湯が沸騰するように動く、
       上や下に流れ行き、そして居る所なし。

 (腑病は、病の根本があっても病所は一定の処に止まらず、あちこちと移行する。)

 以上のように

 臓病は病が動かず一ヶ所に止まっているのに対して、

 腑病は常に移動する点で違いがあります。

--------------------------

今日もなんとか一難できたかな・・・?

詳しくは、こちらより入って下さい。。

そして、表の「五二難」をクリックして本文をご覧下さい。

http://you-sinkyu.ddo.jp/ank00.html










2013.12.15.(今年も後半月・・まだ半月・・今日は日曜日だ・・・)
---------------------------







---------------------------








--------------------------- 

Posted by やまちゃん at 11:08 | Comments(0) | 難経 ブログ勉強会 

九難 臓病・腑病を判別

2013年12月13日

九難 臓病・腑病を判別する

ゆっくり堂の『難経ポイント』  

第九難   ank09


今回も山口一誠の考察文にて構成しました。

参考文献は井上恵理先生・本間祥白先生・福島弘道先生の「難経本」です。

  

※ 九難のポイント其の一は、
   脉診をして、患者の病気が、「臓病」か「腑病」かを判別する法則を述べています。

※ 九難のポイント其の二は、
        数脉(早い脈)は必ずしも身体に熱が出ると言う事ではない。

※ 九難のポイント其の三は、
       「臓病」か「腑病」かを判別する問題は、五十二難と五十四難もあわせて学ぶべし。




 (原文)

九難曰.

何以別知藏府之病耶.
然.
數者府也.
遲者藏也.
數則爲熱.
遲則爲寒.
諸陽爲熱.
諸陰爲寒.
故以別知藏府之病也.
--------------------------

 九難の訳文

(井上恵理先生の訳文:経絡鍼療(422号)と本間祥白先生の訳文、福島弘道先生の訳文を参考にして、
 山口一誠の考察文にて構成しました。)

九の難に曰く.

何を以ってか臓腑の病を別ち知るや。

然るなり。
遅は藏なり、遅は則(すなわ)ち寒となし、諸陰を寒となす。
数は府なり、数は則(すなわ)ち熱となし、諸陽を熱となす。

故に藏府の病を別ち知るなり。


 詳しくは各先生の文献を参照されたし。

--------------------------

 九難の解釈

(井上恵理先生の解釈:経絡鍼療(422号)と本間祥白先生の解釈、福島弘道先生の解釈を参考にして、
 山口一誠の考察文にて構成しました。)

 九の難の解説をします。

 脉診上にて、患者の病気が、「臓病」か「腑病」かを判別する根拠を説明しなさい。

 お答えします。
 臓病は、遅い脈を打ち、その理由は寒にあり、陰の性質を現わします。
 腑病は、数脉(早い脈)を打ち、その理由は熱にあり陽の性質を現わします。

 以上のように「臓病」か「腑病」かを判別して治療をしなさいと。

--------------------------


今日もなんとか一難できたかな・・・?

詳しくは、こちらより入って下さい。。

そして、表の「九難」をクリックして本文をご覧下さい。

http://you-sinkyu.ddo.jp/ank00.html










2013.12.3.(今日は13日の金曜日だ・・・)
---------------------------










---------------------------






 

Posted by やまちゃん at 15:50 | Comments(0) | 難経 ブログ勉強会 

八 難、生命の源

2013年12月11日

八 難、生命の源  




  ゆっくり堂の『難経ポイント』  第八難   ank08

 今回は山口一誠の考察文にて「八難の解釈」を構成しました。

 
※ 八難のポイント其の一は、

   人間の生命の源は「先天の気:腎間の動気」です。


※ 八難のポイント其の二は、

   目が見えるのも、

耳が聞こえるのも、

感覚が敏感であるのも、

美味しい物を味わえるのも、

全て「先天の気:腎間の動気」が根本である。

人間を草木に例えれば、

根が腐れ無くなれば茎も、

葉も枯れ落ちて死んでしまうと。

     
(原文)八難曰.

寸口脉平而死者.何謂也.
然.
諸十二經脉者.皆係於生氣之原.
所謂生氣之原者.謂十二經之根本也.謂腎間動氣也.
此五藏六府之本.十二經脉之根.呼吸之門.三焦之原.
一名守邪之神.
故氣者人之根本也.根絶則莖葉枯矣.
寸口脉平而死者.生氣獨絶於内也.

--------------------------

 八難の解釈

(井上恵理先生の解釈:経絡鍼療(422号)と本間祥白先生の解釈、福島弘道先生の解釈を参考にして、
 山口一誠の考察文にて構成しました。)

八の難について。

「寸口の脉平にして」と言うのは、六部定位(ろくぶじょうい)で橈骨動脈を指腹に感じ診る時、
正常な脉(脈)なのに死ぬ人がある、これは如何なる理由なのか。

お答えいたします。

人間が健康体である為に十二経脉に気血が循り栄養しています。
それは「生気の原」と言う生命体としての根源的な力(命)が存在するからです。

生気の原とは、十二経の根本であると。原気の発生する所に生気の原があると。
       それは腎間の動気を指していると。

「腎間の動気」これが五臓六腑の根本であり、十二経脉の根本であると。
そして呼吸の門(出入り口)でもあると。また三焦の原もここから発生していると。

前文を一つにまとめて言うと、

人間には自然治癒力がある。

これを「守邪の神」と命名する。

「先天の気」「腎間の動気」は人間が生きる根本である。
人間を草木に例えれば、根が腐れ無くなれば茎も、葉も枯れ落ちて死んでしまうと。

寸口の脉が平ら(正常)であっても死亡する人は、
生気・先天の気(腎間の動気)が独り内で絶えてしまうからである。

:::::::::

 今回は山口一誠の考察文にて「八難の解釈」を構成しました。

参考文献は井上恵理先生・本間祥白先生・福島弘道先生の「難経本」です。

今日もなんとか一難できたかな・・・?

詳しくは、こちらより入って下さい。。

そして、表の「八難」をクリックして本文をご覧下さい。

http://you-sinkyu.ddo.jp/ank00.html










2013.12.11.(今日は水曜日だ・・・)
---------------------------














---------------------------





 

Posted by やまちゃん at 18:09 | Comments(0) | 難経 ブログ勉強会 

七難、春夏秋冬の脉(脈)

2013年12月07日

七難、春夏秋冬の脉(脈)

ゆっくり堂の

『難経ポイント』 第七難   ank07

(図nk3)


  
※ 七難のポイント其の一は、

春夏秋冬の季節に応じて脉状は変化している。


※ 七難のポイント其の二は、

一年を六節に分けて、それぞれの脉状を述べてある。

(六節の区分は三陽三陰の少陽・陽明・太陽・太陰・少陰・厥陰です。)


※ 七難のポイント其の三は、

鍼灸師は四季に応じた脉状を認識して、季節に合った脉を作る事。


※ 七難のポイント其の四は、

現代社会(先進国)は夏には冷房、冬には暖房、放射能被爆、

 大気汚染等と自然に身を任せた時代とは異質の状況にある。

 よって、これも考慮して脉状を考察しなければならない。


 (原文)七難曰.

經言.少陽之至.乍大乍小.乍短乍長.
陽明之至.浮大而短.
太陽之至.洪大而長.
太陰之至.緊大而長.
少陰之至.緊細而微.
厥陰之至.沈短而敦.
此六者.是平脉.將病脉耶.
然.皆王脉也.
其氣以何月各王幾日.
然.冬至之後.得甲子少陽王.
復得甲子陽明王.
復得甲子太陽王.
復得甲子太陰王.
復得甲子少陰王.
復得甲子厥陰王.
王各六十日.六六三百六十日.以成一歳.
此三陽三陰之王時日大要也.


--------------------------
解釈:

(本間祥白・井上恵理・福島弘道、各先生の解釈より。山口一誠の考察文含む。)


七の難においては、黄帝内経・素問の平人気象論の三陽の部、より。

少陽の季節には、(ある時)大、小、短、長、と言う脉(脈)を打っている。

陽明の季節には、浮大にして短の脉を打っている

太陽の季節には、洪大にして長の脉を打っている。

太陰の季節には、緊大にして長の脉を打っている。

少陰の季節には、緊細にして微の脉を打っている。

厥陰の季節には、沈短にして敦(なん)の脉を打っている。

以上の六つの季節の脉は健康な人の正しい脉であるのか、あるいは病人の脉状であるのか。

お答えします。

これらは全て旺気の脉である。季節に相応する正しい脉状であると。

三陰三陽の気は自然界(天地)や人間の身体の内において旺気する月日はいつであるか、
又何日間であるのか。

お答えします。

 少陽はその年の冬至の後の初めての「甲子(きのえ、ね)」から
次の甲子の前日「癸亥(みずのと、い)」の間である。

少陽の気が旺気するのは1回目の「甲子」の日より60日間である。
  平成二四年の冬至は12月21日です。
  平成二四年の1回目の「甲子」12月29日から平成二五年の「癸亥」2月26日が少陽です。

陽明の気が旺気するのは2回目の「甲子」の日より60日間である。
  平成二五年の2回目の「甲子」2月27日から平成二五年の「癸亥」4月27日が陽明です。

太陽の気が旺気するのは3回目の「甲子」の日より60日間である。
  平成二五年の3回目の「甲子」4月28日から平成二五年の「癸亥」6月26日が太陽です。

太陰の気が旺気するのは4回目の「甲子」の日より60日間である。
  平成二五年の4回目の「甲子」6月27日から平成二五年の「癸亥」8月25日が太陰です。

少陰の気が旺気するのは5回目の「甲子」の日より60日間である。
  平成二五年の5回目の「甲子」8月26日から平成二五年の「癸亥」10月45日が少陰です。

厥陰の気が旺気するのは6回目の「甲子」の日より60日間である。
  平成二五年の6回目の「甲子」10月25日から平成二五年の「癸亥」12月23日が厥陰です。

  平成二五年の冬至は12月22日である。
  平成二五年の冬至の後の初めての「甲子」は12月24日である。この日より少陽始まる。

旺気は60日間ずつあり、60日×6回で、360日すなわち1年となる。 閏調整ありです。

これが、三陽三陰に脉が旺気する月日の大要である。


 詳しくは各先生の文献を参照されたし。

-------------------

今日もなんとか一難できたかな・・・?

詳しくは、こちらより入って下さい。。

そして、表の「七難」をクリックして本文をご覧下さい。

http://you-sinkyu.ddo.jp/ank00.html










2013.12.7.(今日は土曜日だ・・・)
---------------------------













 

Posted by やまちゃん at 11:45 | Comments(0) | 難経 ブログ勉強会 

六難「陰陽実虚」の診断は鍼灸の原則です

2013年12月05日

『難経ポイント』  第六難   ank06
  

※ 六難のポイント其の一、

 「陰陽実虚」を脉診で診断する事は鍼灸術の原則である。



 (原文)六難曰.

脉有陰盛陽虚.陽盛陰虚.何謂也.
然.浮之損小.沈之實大.故曰陰盛陽虚.
沈之損小.浮之實大.故曰陽盛陰虚.是陰陽虚實之意也.

--------------------------

  訳文 (本間祥白・井上恵理・福島弘道、各先生の訳文より。)

六の難に曰(いわ)く、
脉に陰盛陽虚、陽盛陰虚、有りとは何の謂ぞや。
然るなり、之を浮べて損小、之を沈めて実大、故に陰盛陽虚と曰う。
これ沈めて損小、これを浮して実大、故に陽盛陰虚と曰う。
是れ陰陽虚實の意なり。

--------------------------

少し更新が遅れました。

もなんとか今日も一難できたかな・・・?

詳しくは、こちらより入って下さい。。

そして、表の六難をクリックして本文をご覧下さい。

http://you-sinkyu.ddo.jp/ank00.html









2013.12.5.(今日は木曜日だ・・・)

---------------------------













 

Posted by やまちゃん at 17:43 | Comments(0) | 難経 ブログ勉強会